2021年に流行るのはオーセンティックなフレンチらしい。神戸ならココ

太古の昔から流行というのは繰り返し繰り返しある一定の周期で廻ってるらしいです。
で、2021コロナウィルスが蔓延している中で流行るのは「オーセンティック」なフレンチらしいです。
斉藤アリス」という食通?な人が予想しているそうです。
食通って?とは思ったものの自称グルメな私は放っておけず食いついたところ、どうやら「食べログ」の記事だったようで・・・
「食べログ」の記事だから食通という表現を使うのかとやたらしっくりきた。
食通なのかグルメなのかはさておき斉藤さんの記事に乗っかることにして「神戸」で行くなら 【The best French restaurants】な店を紹介してみます。

オーセンティックなフレンチレストランが流行る!のオーセンティックって何?

まずはオーセンティックってそもそも何?って話ですよね。

オーセンティック=本物(ほんもの)であるさま。正統的であるさま。とコトバンクで調べると出てきました。

似たような言葉でトラディショナルという言葉があります。

同じようにコトバンクで調べると伝統にのっとったさま。また、因襲的なさま。トラッド。

要するに本物のフレンチレストランが2021年は流行るらしいです。

なんじゃそりゃ!!!!斉藤さん笑

よくオーセンティックバーとか表現しますが、バーとかは色んな要素(接客、音楽、食事他)を持ったバーがあるためオーセンティックバーというとお酒に特化した本格的なバーカウンターが有る重厚な正統的なお店という認識です。

じゃあオーセンティックフレンチとなると???

正統な昔からのフランスの伝統的な家庭料理に特化した保守的、前衛的な料理を食べさせてくれるフレンチレストランということなのでしょうか?

そもそもフランス料理にまでオーセンティックという言葉は要るのかが疑問ですが。

彼女曰く素材の味を活かしオーセンティックなレシピを守り、ソースの味しかしない?系のフレンチじゃない素材の味を大事にし創作料理に特化せず素材に合った調理方法で調理する事が大事だそうです。

斉藤さんじゃなく「食べログ」に問題のある記事なんだろうな~

でも明治大学を卒業しロンドンに留学した経験のある彼女と夜間高校を卒業した一度も日本から出たことのない私とでは圧倒的に前者に信憑性があることは紛う方無き事実でございます。

スポンサーリンク

神戸で行くなら「2021年に流行るらしいオーセンティックなフレンチレストラン」

横浜と神戸というとオシャレな港町というイメージですよね。

やっぱり私のような田舎者かつ世間知らずにはオシャレなフレンチレストランとなると横浜や神戸をイメージしがちなので今回は神戸の素敵なフレンチレストランを紹介したいと思います。

是非、斉藤さんにも訪れて欲しいお店です。

sans filtreソンフィルトル

神戸市中央区兵庫県神戸市中央区下山手通2-16-8 マンション マイウェイ1階

に店舗を構え15年以上営業する神戸では今や古株なフレンチレストランです。

カウンター10席のみのこじんまりしたお店ですが毎日仕入れる食材の味を最大限活かした調理方法で食べさせてくれるフレンチレストランとして地元の神戸市民ならずとも神戸を訪れる観光客にも長年愛され続けるレストランです。

sans filtre

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sans filtre 店内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも私自身が海外に行ったこともないわけで「オーセンティックフレンチ」か?と尋ねられると全く自信がないわけでは有りますが、

sanns filtre が提供する料理は食材の味や歯ごたえなど素材そのものの良さを活かした調理方法で「あ~この野菜ってこんな味だったんだな」と思わせてくれるレストランな訳です。

シェフは神戸の老舗フレンチレストラン「コム・シノワ」で修行をされた後フランスへ渡り修行され帰国後は三國 清三シェフの元でも食を学ばれており、三國シェフがオーセンティック(斉藤アリス定義)か?と問われれば「う~ん」といわざるを得ないが一流のフレンチ職人であることは紛う事なきところであります。

オーセンティックという意味合いにおいては渡仏されて各地の料理を口にしていることも大きな要因ではないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故かまやつひろし氏も神戸でライブをされる際にはあしげく通ったお店だそうです。

sansfiltreが2021年コロナ渦においてオススメな理由

コロナウィルスが蔓延する残念な現代において向かいあって食事するお店は様々な対策をされているとはいえ少し不安に思うこともあります。

そんな中、ココsans filtreはカウンター10席のお店で、現在は同時に食事をされる人数も制限をされているそうなので対策は万全であるといえると思います(私見)。

各線三宮駅から徒歩最大10分程度でアクセスも良く、デザートにまで素材そのものの味を感じられる美味しさでなおかつ手作りパンも大人気で早々となくなることもあるそうです。

ランチもディナーも予約制で現在は予約が取れない日があることも多いそうですが「神戸の人気フレンチ」として抑えておいた方が良いことは間違いないようです。

シェフ一人で切り盛りされているのでゆったりとした贅沢な時間が過ごせるお店だと思います。

何を持って「オーセンティック」と言うかは別として飲食激戦区の神戸三宮でオシャレ番長な神戸市民に長年愛され続けるフレンチレストラン

一度足を運んでみることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sans filtreソンフィルトルの店舗情報

せっかく食べログの記事から派生した記事なので

sans filtreの食べログページはコチラ

ランチ 12:00~13:00(L.O)
ディナー 18:00~21:00(L.O)

水曜日定休

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目16-8 マンションマイウェイ1階

ご予約の際はお店のオフィシャルページからお願いします。

 

 

この記事を書くきっかけの記事

はコチラです。

2021年流行る店を食通が予想! オーセンティックなフレンチレストランに再注目

スポンサーリンク
おすすめの記事